臍帯血きょうだい投与承認 脳障害対象、再生医療で初

9/24 19:43

 厚生労働省の再生医療等評価部会は24日、小児脳性まひなど脳障害の症状改善のため、きょうだいの臍帯血を投与する高知大の臨床研究計画を承認した。再生医療の提供基準に適していると判断した。厚労省によると、再生医療の分野で臍帯血のきょうだい間投与が認められるのは初めて。安全性と有効性が確認されれば、治療に道が開けそうだ。

 患者自身の臍帯血を投与する臨床研究は行われているが、出産時しか採取できず保存する人も少ないため、家族らからきょうだい間投与を求める声が上がっていた。米国では既に臨床研究が始まっている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]