国内外ニュース

スー・チー氏、ICJ出廷へ ロヒンギャ迫害初審理で反論

2019年12月10日 19:22
8日にオランダ・ロッテルダムの空港で出迎えられるミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(中央)(ミャンマー政府提供、AP=共同)
8日にオランダ・ロッテルダムの空港で出迎えられるミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(中央)(ミャンマー政府提供、AP=共同)

ミャンマーから避難して2年となるのに合わせて開かれた集会で祈るロヒンギャ難民=8月25日、バングラデシュ南東部コックスバザール(ロイター=共同)
ミャンマーから避難して2年となるのに合わせて開かれた集会で祈るロヒンギャ難民=8月25日、バングラデシュ南東部コックスバザール(ロイター=共同)

ロヒンギャ迫害を巡る審理に出廷したアウン・サン・スー・チー氏(左端)らミャンマー弁護団=10日、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(共同)
ロヒンギャ迫害を巡る審理に出廷したアウン・サン・スー・チー氏(左端)らミャンマー弁護団=10日、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(共同)
 【ハーグ共同】ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害は民族大量虐殺・迫害を国際法上の罪と定めたジェノサイド条約違反だとして、迫害停止などを同国に求める訴訟の初の審理が10日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)で行われた。12日までの審理中、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が国の最高指導者として異例の出廷をし、反論する見通し。

 欧米やイスラム教国はロヒンギャ問題でミャンマー当局を非難しスー・チー氏も問題に真剣に取り組んでいないと批判。スー・チー氏が受賞したノーベル平和賞の剥奪を求める声も上がっている。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から