黒人女性遺族と12億円で和解 米南部、警官が射殺

9/16 08:34
 3月に射殺されたブレオナ・テーラーさんの母親=15日、米ケンタッキー州ルイビル(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米南部ケンタッキー州ルイビルのフィッシャー市長は15日、今年3月に黒人女性ブレオナ・テーラーさん=当時(26)=が警官に射殺された事件を巡り、警官の不正行為を訴えていた遺族に1200万ドル(約12億6千万円)の賠償金を支払うことで和解に合意したと発表した。米メディアが伝えた。

 遺族が市当局を相手取り提訴していた。和解では警官の不正行為は認めていない一方、市当局が警察改革を進める条件も含まれている。テーラーさんの遺族は和解を歓迎した上で、事件に関与した警官の訴追を今後も求めていく姿勢を示した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 3月に射殺されたブレオナ・テーラーさんの母親=15日、米ケンタッキー州ルイビル(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]