2017年 県内十大ニュース

 山形新聞が選んだ2017年県内十大ニュースの1位は10月に行われた第48回衆院選に決まった。前回に引き続き、県内3選挙区を自民が独占した。一方で、県警が公選法違反(法定外文書頒布)容疑で、県2区で当選した候補者の男性秘書を書類送検した。2位は東北中央自動車道の福島大笹生(おおざそう)-米沢北間の開通が入った。核実験やミサイル発射、木造船・遺体の漂着など北朝鮮の脅威が本県にも迫っていることを痛感する一年でもあった。

衆院選、自民が議席独占

衆院選の出陣式で気勢を上げる陣営関係者。県内3小選挙区には計10人が出馬し、自民が議席を独占した=10月、山形市内 衆院選の出陣式で気勢を上げる陣営関係者。県内3小選挙区には計10人が出馬し、自民が議席を独占した=10月、山形市内

第48回衆院選が10月10日公示、同22日投開票の日程で行われた。県内3小選挙区には10人が出馬し、2014年の前回に続いて自民が議席を独占した。民進党と希望の党の合流によって足並みが乱れた野党は惨敗し、比例東北ブロックでの復活当選も逃した。

東北中央道・福島―米沢間開通

東北中央道福島大笹生IC―米沢北IC間の開通式。置賜地域に高速新時代が到来した=11月4日、米沢市 東北中央道福島大笹生IC―米沢北IC間の開通式。置賜地域に高速新時代が到来した=11月4日、米沢市

国土交通省が整備を進めてきた東北中央自動車道の福島大笹生-米沢北間(延長35.6キロ)が、11月4日に開通した。米沢、福島両市中心部の所要時間は従来の約1時間から20分短縮。冬季の安全性向上に加え、企業誘致や交流人口拡大の面で期待が高まっている。

吉村知事、無投票3選

知事選で吉村美栄子氏は無投票3選を果たした=1月、山形市 知事選で吉村美栄子氏は無投票3選を果たした=1月、山形市

任期満了に伴う知事選(今年1月5日告示)で、現職の吉村美栄子氏が前回に続く無投票で3選を果たした。知事選の2期連続無投票当選は本県初で、全国では滋賀、高知両県に次いで3例目となった。自民党県連は独自候補の擁立を模索したが、断念した。

45年ぶりのIH

本県を幹事県として全国高校総体夏季大会が開催。総合開会式にご臨席するため来県された皇太子さま(左)=7月、村山市 本県を幹事県として全国高校総体夏季大会が開催。総合開会式にご臨席するため来県された皇太子さま(左)=7月、村山市

本県を幹事県として全国高校総体夏季大会「南東北インターハイ」が7、8月に開かれた。本県での開催は1972(昭和47)年以来45年ぶり。総合開会式は皇太子さまを迎え、天童市で行われた。県勢はカヌーや陸上を中心に優勝13を含む60の入賞をマークした。

北の脅威相次ぐ

漂着した北朝鮮の漁船とみられる木造船。遺体漂着、ミサイル発射も相次いだ=12月、鶴岡市 漂着した北朝鮮の漁船とみられる木造船。遺体漂着、ミサイル発射も相次いだ=12月、鶴岡市

北朝鮮による弾道ミサイル発射が相次ぎ、8月29日には日本上空を通過した。本県で初めて安全保障分野で全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動。国際社会の声を無視して核実験も強行した。北朝鮮からとみられる木造船や遺体も漂着し、不安な状況が続く。



山形市、創造都市ネット加盟

加盟認定を受けて会見する佐藤孝弘山形市長(左)=11月、山形市 加盟認定を受けて会見する佐藤孝弘山形市長(左)=11月、山形市

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の創造都市ネットワークに山形市が国内初の映画分野で加盟した。文化産業の強化や都市の活性化を目指す枠組みで、山形国際ドキュメンタリー映画祭などの映画、映像文化を軸に、世界各都市との交流促進が期待される。

小関選手が銀メダル

ブダペストで7月に行われた水泳世界選手権の競泳男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(やすひろ)選手=ミキハウス・羽黒高出=が2分7秒29で銀メダルを獲得した。2度目の世界選手権で初のメダル。2020年東京五輪に向けて存在感を示した。

新品種は「雪若丸」に・「はえぬき」特A陥落

先行販売された「雪若丸」を手にする買い物客ら=9月、東京 先行販売された「雪若丸」を手にする買い物客ら=9月、東京

県産米新品種「山形112号」の名称が県民投票を経て「雪若丸」に決定した。2018年秋の本格デビューを前に県内外で先行販売し、好評を得た。一方、主力品種「はえぬき」は日本穀物検定協会の食味ランキングで、22年連続特AからAに評価を落とした。

鶴岡東高・吉住投手ドラフト1位指名

ソフトバンク入団に合意し、ボールを手に笑顔を見せる吉住晴斗投手=11月、鶴岡市 ソフトバンク入団に合意し、ボールを手に笑顔を見せる吉住晴斗投手=11月、鶴岡市

10月のプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で吉住晴斗投手(鶴岡東高)がソフトバンクから1位で指名を受けた。県内高校生の1位指名は初。長身から投げ下ろすストレートを武器とする吉住投手は「先発で2桁勝てる投手になりたい」と語った。

10十字屋、営業終了へ・大沼は再建図る

2018年1月末で営業を終了することが決まった十字屋山形店=山形市 2018年1月末で営業を終了することが決まった十字屋山形店=山形市

中合(福島市)が8月30日、十字屋山形店(山形市)の2018年1月末での営業終了を発表した。46年にわたり山形駅前の振興を担い、全国展開した「十字屋」の看板を掲げる最後の店舗だった。一方、大沼(同)は経営支援を受け、再建を図ることになった。

次点NHK記者、女性暴行容疑で逮捕

村山地方の女性宅に侵入して性的暴行を加えたとして、山形署は2月、女性暴行致傷などの疑いで、NHK山形放送局酒田支局(当時)の記者弦本康孝容疑者(29)を逮捕した。その後の捜査で、山梨県で勤務していた時も同様の犯行をしていたことが分かった。

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から