会社案内

山形メディアタワー

 山形新聞は1876(明治9)年に創刊されました。山形、置賜、鶴岡の3県が統合され現在の山形県の姿となった翌月のことです。以来、大正、昭和を経て現在まで、県民とともに歩み、郷土の発展に寄与してきました。

 130年以上の歴史に甘えることなく、技術革新にも取り組んできました。どの新聞でも毎日、鮮やかなカラー写真が紙面を飾っていますが、先鞭をつけたのは山形新聞で、1979(昭和54)年に連日の生ニュースのカラー化に踏み切っています。その後も、これも全国トップをきってのカメラの全社的なデジタル化、記事入力のパソコン化、最新のCTS(コンピューター編集システム)や高速輪転機など、より良い紙面作りのため最新の技術を次々と導入しています。

 そして今、新聞社も速報性が求められる時代となり、山形新聞も全国の地方紙52社と共同通信による全国ネットのニュースサイト、「47News」(よんななニュース)に参加。県内のニュースや地域情報を毎日、全国に発信し、スマートフォンや携帯電話でも事件事故、スポーツ、選挙などの速報を流しています。

 県内一円に張り巡らした取材網により、山形のニュースは山形新聞が一番詳しいのは自他共に認めるところですが、これに速報性が加わり、「山形のことは山形新聞で」という信頼性が一層増しています。そうした県民、読者の期待と信頼に応えるため、一層の努力を続けています。

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から